医師紹介

ご挨拶

この度、様々なご縁のもと川崎市中原区の元住吉駅の地にて開業させていただくことになりました 黒﨑裕一郎と申します。
私は生まれも育ちも元住吉出身です。元住吉こばと幼稚園、川崎市立井田小学校の卒園・卒業生です。
広島大学を卒業後は関東労災病院で初期臨床研修医を行い、その後様々な急性期病院での勤務のなかでも関東労災病院では10年以上勤務し呼吸器内科医・救急医・総合内科医としての経験を積みました。
また地域医療の経験のため非常勤で川崎市高津区のしまむらクリニックにて訪問診療を8年間、静岡県修善寺の伊豆赤十字病院にて総合内科外来を2年間経験させていただきました。
この度、幼少期から家族でよく利用させていただいた「田原屋」、「パシオス」の跡地である進栄ビルディングにて開業させていただくことになり個人的にもとても思い入れのある場所での開業です。
私が小さい頃に着ていた服はほとんどが「田原屋」さんで購入した服でした。 呼吸器内科専門医としてCT機器の設備を備え肺の診療に強いクリニックを作るというコンセプトのもと、2021年夏の新型コロナウィルス感染症の感染爆発の経験のなかで、発熱した患者さんも安心して受診できるクリニックを地元元住吉で絶対に作らなければいけないと思いました。
クリニックには入り口が二つあり通常患者様と発熱や風邪症状の患者様が交わらない構造が実現できました。
また発熱・風邪症状のための個室を4つ用意いたしましたので発熱のある患者様同士も接触しないよう設計しております。 発熱や風邪症状の際にも御本人も安心して受診していただけるよう最大限の努力をいたします。 CT機器、呼吸機能検査の充実が図れたため総合病院に劣らない設備で当日検査が可能です。
総合内科医・救急医としての経験も活かし「呼吸器内科の診療に強く、発熱時など困ったときにも安心して受診できるクリニック」を目指します。 まだまだ至らない点もあると思いますがこれからも精一杯頑張ります。どうかよろしくお願いいたします。

  院長 黒﨑 裕一郎

経歴

  • 2005年広島大学 医学部医学科 卒業
  • 関東労災病院初期臨床研修医
  • 茅ヶ崎市立病院 呼吸器内科専修医
  • 国立病院機構東京病院 呼吸器内科専修医
  • 横浜労災病院 呼吸器内科
  • 関東労災病院 呼吸器内科
  • 関東労災病院 救急集中治療科
  • しまむらクリニック
  • 元住吉くろさき呼吸器内科クリニック 院長

資格

  • 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
TOPへTOPへ